Work style & Design

樹の鞄のデザインに、決まった型を作らないのには理由があります。

樹の鞄は、大地に150年根を張り生きてきたシナノキを、削り彫り、作品にします。

規格を決めてしまうと、作業は単純で楽になりますが、それぞれ違う原木からは、たくさんの無駄がでてしまいます。

逆に型を決めなければ、樹に合わせた自由な発想で、端から端まで作品としてその命をつないでいけます。

その根底にある思いと、感性を失わない。その2つの思いが、創業当初から変わらず「同じものはつくらない。

手仕事でデザインを統一することのない仕事のスタイル」に結びついているのです。

 

木というキャンバスに表現する世界

樹の鞄は、1990年木彫家:亀井勇樹がオリジナルの工程をつくり出し、完成させた木製のバッグです。

木でできたカバンという概念を覆し超越した、独創性豊かで繊細な作品は、型を持たずすべて、「その時」が刻み込まれた作品群。

その数はシリアルナンバーとして刻まれているだけでも3000を越え、現在も形や技法は進化し続けています。

樹の鞄は工業製品、大量製産品ではありません。創業以来、作り手がひとりですべての工程を手掛けています。

あたかも画家が絵を描くように、木というキャンバスに鞄というテーマで作品に向き合い生まれでるもの。

鞄という中に、作り手亀井勇樹の世界観がそのまま詰め込まれています。

常に新しい発見を・・・

 

ようこそ、樹の鞄の世界へ!

 

MAIL : info@kinokaban.com

〒 409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸5993−1

TEL , FAX : 0551-38-2741