色を交えないその境界線のイメージはどこから来たのでしょう。

近くなったり離れたりを繰り返す曲線を描きながら

底へと繋がって、不思議な模様で完結します。

赤と青は反対色ではなくグレーを混ぜた微妙なニュアンスカラーにしたんだよ。とつくり手。

間をとり持つグレーの流れの中にある留め具は、その中間色「紫」です。

底模様の色も、あらら、入れ替わっていますね。

 

つくり手の「相対するものへのメッセージ」なのかもしれません。




本体サイズ:245×115×87 ハンドル95mm
重さ:450 g
本体:シナノキ+染めコーティング+模様彫
ハンドル:シナノキ+染めコーティング
留め:カシ+染めコーティング



 

【取り扱い上のご注意】

樹の鞄は丈夫で軽いシナノキを丁寧にコーティングや漆で仕上げていますのでささくれや色移りなどの心配もなく、安心して使っていただけます。
また木製品は使い込むほどに味わいが出てくるものです。その 変化も楽しんでいただけると幸いです。特別なお手入れは必要ございませんが、表面が濡れたり汚れが 付着した場合は、柔らかい布等で軽く乾拭きをなさってください。
落ちない汚れなどは薄めた中性洗剤で拭き取りをお試しください。
暑すぎたり、落としたりは避けたい樹の鞄> 耐久性につきましては十分考慮の上、製作していますが、木という自然 素材の性質上、高温高湿になる車内や室内でなどでの長期保管は お避けください。
また、落下等により衝撃が加わると破損の恐れがあります。
お取り扱いにはご注意ください。