アトリエ便り

一体型  2021.6.19

一体型 2021.6.19

本体とハンドルを別々に作って組み上げるものと違い、一体型と呼んでいるハンドルと本体を同じ材から削り出すタイプの作品を今、少しずつ仕上げています。フォルム出しのための磨き作業です。角のない柔らかい形をイメージ。。。 適する材がなかなかないこと、開きの作業前になっても、さらに寝かせて落ち着かせたり、ハンドルと本体が一体になっているためフォルム出し、、、時間がかかり過ぎてしまうので、形になっていくのは年単位以上になります。 今回のものはハンドル部分が面白い形。楽しみ。。。 最近の一体型が形になったのは4年前。 これから作業がまだまだ続きます。

Read more

エチュード 2021.6.15

エチュード 2021.6.15

レリーフのような彫刻の本体が仕上がってきました。 それに合わせトップの部分の彫刻デザインの流れをハンドルがつくことで止めることなく、一体になるように、、、のイメージでハンドルの習作3点。。。 眺めて、少し削りまた眺めて、、、 荒削りなので、つくり手にしかまだ見えてない形です。 どんな作品になるのでしょう。。

Read more

線  2021.5.27

線 2021.5.27

新作の樹の鞄の彫りのラインと深さを僕の思っているイメージに仕上げています。大体の粗彫りは終わっています。これからが真剣勝負です!この作業は一気にはできず、時間を置いて見直す方が最終的には近道で、納得のいく仕上げに近づいていきます。この彫りにはこのやり方が一番と感じています。 y

Read more

弦の張り替え  2021.5.25

弦の張り替え 2021.5.25

そばにはいつもギター。 休憩用とか気晴らし用とか、切った指先の神経の鍛錬用とか、、、。   心が整うようです。

Read more

下書き 2021.5.19

下書き 2021.5.19

見ないフリ見ないフリ。。。と思いつつも下書きが気になります。なぜ「フリ」をするかというと、入道雲のように沸き始めたイメージが、何気ない一言でしぼんでしまうと悟ったから。 でも、これ、気になる〜。 何年に一回の「一体型」ではなかろうか?本体とハンドルが一体になった作品づくりは、それができる木に出会った時にGOとなるので滅多にお目にかかれません。 気になる〜。

Read more

斑入り 2021.5.17

斑入り 2021.5.17

新作に付いた留め具の色。なんともいえない複雑で深い色味になりました。斑入りの部分を使ったそうです。宇宙みたいな、うち猫のごまの目のような。。。この作品のチャームポイントだな、と密かに思っているところです。

Read more

こだわりポイント 2021.5.16

こだわりポイント 2021.5.16

これはなんだろう?というものが、時々出来あがってきたりします。 まさに「心のままに」なんか作っちゃった的なものだそうです。 並ぶとなんだか「こだわりポイントサンプル集」に思えてきます。

Read more

カンナがけ

カンナがけ

カンナがけはハード系、ハアハア息をあげながらの作業です。角を落とすタイプのもの、Rが強ければ強いほど、四角いタイプに比べて時間がかかります。年をとっても腕の筋肉が落ちないのは、作業というトレーニングのせいかな? カンナで出てくるクルンと丸まった木屑は、ラッピングの際の緩衝材に使います。今日も腕がパンパンになるまで、シュッシュ、シュッシュ、、、木屑がたくさんたまりそうです。

Read more

木屑の数は

木屑の数は

ちいさな木屑がたくさん散らばる床や机の上。 あらためて、しみじみと「木屑ひとつは、ひと彫り」と。 木屑の数だけ今日も手が動きました。今夜は手首が腫れそうです。

Read more

降りてくるor組み立てる?

降りてくるor組み立てる?

底のデザインは「降りてくる」系と「組み立てる」系がある気がします。本体の謎解きを底で表現したり、初めから本体に続く形であったり。。。底の世界も多種多様。この亀井の表情、どっちなんでしょう?

Read more